1/17 UNTITLED feat.Demuja

f:id:kotsu0830:20180115181113j:plain

 

開催間近となりました。

BLOGだと音源とか載っけやすいのでサラッと書いておきます。

 

www.youtube.com

例によってこの曲は驚異の50万回再生。

ハウス・トラックがYouTubeで波及する感じは近年のプロデューサーあるある。

この記事をリファレンスさせてください。

 

TALK ABOUT : The Game of “Lo-Fi House”yumekaah.wordpress.com

 

この記事内で触れられているLo-Fi Houseもまた、YouTube上で人気を勝ち得たという側面があります。

 

何を隠そうDemujaを知ったのはあの日のYouTubeを見ていた時だったーー。

f:id:kotsu0830:20180115182517p:plain

この四つのアイコンにピンとくる方はどれくらいだろうか。

 

OOUKFunkyOO,hurfyd

Moskalus,Slav.

 

2018年を生きる自分にとってはかけがえない友達たちなのです。

 

友達たちがアップロードする、ざらついたハウスにベストマッチなVHSの映像に、自然と引き寄せられたのは2年前。

 

求めてたのはこれだ、、、。と何故なったか未だに説明がつきません。

 

いつしか、「彼らが最近アップロードしたあの曲聴いた?」って話が生まれたりして、もはやレーベルに近い役割になっていました。

 

最近は、おしゃれなカフェ情報もデートスポットも旅行先もInstagram上でリサーチする大学生が多いのと同じく、従来のメディアやレーベルのような機能がSNSに吸収されていくのが面白い。

 

Demujaを知るきっかけとなったのはコイツ。

f:id:kotsu0830:20180115183657j:plain

OOUKFunkyOO - YouTube

 

そしてそして。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

そんなDemuja自身もYouTubeのアカウントを使ってミックスの映像や、サンプリングハウスの制作映像(With 愛猫!)まで40本近くアップロードしてて、プロモーションとか上手いんやなあ〜と笑

 

個人的にはミックスライブの映像内にある映像が気になります。自分でこうしたビジュアル的な部分をもディレクションしているのには好感が持てます。

 

そうした今の時代を生きるプロデューサーとしての考え方とかを本人から直接聞ければいいなあ〜って思ってます。

 

そして、オンライン上で存在を知ったDJがこうして来日してDJする(ましてや自分がDemujaを招聘する)ことこそが面白いなって。。

 

そうした現行ハウス・シーンで起きていることをUNTITLEDをもって紹介できることもありがたいし、そして何より水曜日のKOARAでそのプレイを目撃することで完結します。

 

ぜひ平日ですがお越しくださいませ。

まるで週末な感覚になるかと思います。 

 

【UNTITLED feat.Demuja】
2018/1/17(Wed)
18:00-25:00
at KOARA
PRICE:1500yen(1D)

Demuja(MUJA/from AUSTRIA)
Tidal(Cosmopolyphonic)
Nari(CYK)
Kotsu(CYK)
ryo(daze)

 

[info]

渋谷は神南。とある建物の地下に位置するKOARAにて、17年8月にローンチしたコミュニティ・ベース”UNTITLED”。

従来のパーティーのフォーマットは継承しつつも、あくまでもフラットな目線でパーティーのあり方を再定義し”LIL MOFO”や”REIMEI”,”Nari”,”DJ SOYBEANS”など、あるようで無いような東京のクラブシーンにおいて活動を行うDJや、某DJの変名”DJ Wet Dream”,”E.L.M.S”,”DJ YMO®”に加え、東京のスモール・コミュニティを支える若手DJ達など、あらゆるジャンルを越え様々な人々が集ってきた。 

そして、2018年の一発目として1月17日に4回目の開催を迎える。リアルとインターネットの境界が希薄化する現代に突如現れたプロデューサー/DJ ”Demuja”をオーストリアから招聘。

過去3回の開催に明確なテーマは存在しなかったが、次回に強いてテーマを設けるとするならば”ハウス”である。もしかすると、テーマでその夜を限定することはナンセンスなことなのかもしれない。

ただ、<Cosmopolyphonic>の”Tidal”や、先日”Mall Grab”を招聘したCYKクルーの”Nari”と”Kotsu”、ネットを中心にディグし、10年代のリアルな感覚を共有するティーン”ryo”など、2010年代以降のオルタナティブなハウス・シーンをリアルな感覚で探求するDJ達が集ったことは間違いない。

そして、そうしたオルタナティブなハウスミュージックをリリースしてきた”Demuja”を招聘することは、”UNTITLED”における2018年のオリエーテーションとしては十分すぎる布陣なのかもしれない。

《Demuja》
Demujaは、モーツアルトのホームタウンであるオーストリアはザルツブルク出身のハウス・プロデューサー/DJである。元ドラマーであり、ブレイクダンサーであった彼がDemujaとしてトラックメイキングに転向して以来、ジワジワとその名をハウスシーンにとどまらず、クラブシーンにまで轟かせてきた。

2009年にNYやパリ、ベルリンなどの都市でギグを重ねた後、Demujaは音楽制作へ舵を切った。ディープハウスのオリジネイター”Kerri Chandler”や、17年にTAICOCLUBにて来日プレイした”Motor City Drum Ensemble”、こちらも17年の朝霧JAMやContactでツアーを行ったばかりの“Bicep”など、様々なプロデューサーに影響を受けたDemujaは、数々のレーベルからリリースを行っている。
(Freerange Records, Traxx Underground, Nervous Records, 124 Recordings etc..)

こうしてDJ及びプロデューサーとしてのキャリアを積み重ねてきたのと同時に、Demujaは2016年に自分自身のレーベル”MUJA”を設立。3つのEPをリリースし、初のヴァイナルリリースとなった‘Mary Janes Theory’は即完売。続くリリースの‘Demujas Disco Cuts’ も同様の結果となった。また、2016年にオーストリアの首都ウィーンにて行われた「Red Bull Music Academy Bass Camp 」では”Shed”や”DJ Zinc”などそうそうたる顔ぶれの中でギグを敢行。ターニングポイントとして挙げられる出来事だろう。

初来日となるDemujaはディスコや、ロウでソウルフルなハウスを織り交ぜたプレイでKOARAに集う人々を熱狂させてくれるだろう。そして彼の熱いソウルを感じてほしい。

Demuja
(MUJA/Nervous Records,/Freerange)
*MUJAは彼が2016年に立ち上げたレーベル。
Soundcloud:https://soundcloud.com/demuja
FB:https://www.facebook.com/iamdemuja/
instagram:https://www.instagram.com/iamdemuja/
BC:https://demuja.bandcamp.com/
HP:https://tsa-artists.com/artists/demuja

CYK feat.MG 出演者紹介

f:id:kotsu0830:20171204203517j:plain

さて、Mall Grab来日まであと4日。

嘘でしょ。 

 

PERKでピックアップしていただいたり、block.fmにインタビューしてもらったりと嬉しいことばかり続きです。ありがとうございます、、、、。(見てね!)

perk-mag.com

production.block.fm

当日は、人がたくさんいて暑いと思うので薄着がマスト。荷物もできるだけ少なめにするのも忘れずに!

 

今回は1階でDJしていただく皆さんの紹介したいと思います。

 

【Frankie $(HNH)】

f:id:kotsu0830:20171204201542j:plain

(Frankieは一番右)

 

彼と初めて会ったのは2016年の大晦日。CIRCUSのカウントダウンパーティーで一緒になってからこの一年で一気に仲良くなったよね笑 

いわゆるロウなハウスに関する知識も凄くてめっちゃディガー。元々のプレイスタイルからUKらしさがあって、アクロバティックなミキシングもすごい良くて。

 

トラックもメイクしていたり、DJもかなりの本数やっててそのアクティブさに驚いてます。あとは彼のファッションなどから、やっぱりストリートな視点でハウスやってることが見て取れる。

自分にとってはその感覚があるかないかって結構大事だったりします。

 

soundcloud.com

 

【Romy Mats (procope/解体新書)】

f:id:kotsu0830:20171204201701j:plain

言わずもがな松原大先生。去年の半ばに知り合ったもんだから去年までの先生は知らないけれど、今年はDJにライターにオーガナイズにと走り回ってました。毎週末会っていた一人です。

彼はライターでもあることから、幅広い知識・視点によるDJに毎回驚かされていて。多種多様なセットをこの一年見させていただきました。別名義DJ YMO®ではDJ BORING来日に合わせて作った名義なわけだけども、その名義で今や地下レイブ集団REMEDYクルーの一員。

 

彼による記事をここらでどうそ→

Mall GrabがCIRCUS TOKYOにて開催の『CYK』に登場、Mayurashkaらもゲスト出演 | クラブミュージック情報サイト HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

 

soundcloud.com

 

【Asahi Yamamoto】

 

f:id:kotsu0830:20171204201734j:plain

彼は今年オーストラリアから来日したFrancis Inferno Orchestra(以下FIO)がCIRCUSでギグした時に初めて会いました。ちなみにFIOとMGはB2BでDekmantelのポッドキャストミックスを提供してる。

 

 

soundcloud.com

 

個人的に待望の来日だったFIOのインスタを見ていたら、「アテンドしてる謎の日本人がいるぞ!?」となり当日話しかけたら歳も近くてDJもやってることが判明。オーストラリアとUKに滞在していたってMall Grab(以下MG)かよ!?ってなったんだけど、それ以上にびっくりしたのはMGとの共作も印象的なクリエイティブクルー『PELVIS』から”E.L.M.S”名義でALLジャングルのミックスを出していること。こんなこと聞いた以上彼をブッキングしない手はなかったです。

soundcloud.com

 

【Ayana JJ(Smitten)】

f:id:kotsu0830:20171204201821j:plain

(Shogoさんお借りしました、、、。)

JJは今年とってもお世話になりました。DJもかなりアクティブにやってて、すごいなあと思いながら見ています。なんだかんだでCYKに出演するのは3回目。やっぱりAyanaちゃんいるだけで楽しい!ってなるんだよね。それは彼女の明るさがゆえ。そしてDJのプレイもテクノからハウスを行き来していく感じがとってもかっこいい!

そして、 Mall Grabにインスタグラムフォローされてるの羨ましい!!!!!笑

f:id:kotsu0830:20171204204420j:plain

(PELVISのDANCE FREAK Tを着るJJ)

 

soundcloud.com

 

【Full Stop (Akashic)】

f:id:kotsu0830:20171204202233p:plain

(SCDDサンプリング作ったw)

 

Full Stop aka アズしゅんさんは、僕が大学一年から今までどんなことがあろうと通ってる頭バー最若手パーティー「Akashic」のレジデントDJ。毎度頭バーの熱気を最大まで引き上げてくれるのが彼。UKはロンドンに留学していた彼は、帰国後さらにDJがかっこよくなっていた、、、。

こないだの山梨レイブではPANのアンビエントコンピ<Mono no aware>に収録されたKareem LotfyのFr3shからスタートし、エレクトロ、UKサウンドなテクノ、ローファイハウスと紡いでいっていた。

まさにストリートスタイルなDJプレイは自分には真似できないし、当日もちょー楽しみです。

f:id:kotsu0830:20171204202154p:plain

 

【KAZUHO(REMEDY)】

f:id:kotsu0830:20171204202320j:plain

個人的にはMG来日に欠かせない人。AKASHICと同じく、彼の所属するクルーREMEDYのパーティーはずっと通っているけれど、自分の好きな音楽を見つけられたのはこのパーティーの影響が大きいです。ちょうどMall Grabを知った1年半以上前、僕がKAZUHOくんと同クルーのk_yamくんに、YouTubeにVHSの映像とともにローファイな曲をアップしているチャンネル(*1)を知ってるかと尋ねていて、そこに挙げられていた音源について超詳しかったのが彼ら。Lobster Thereminや、Natural Sciences、CHURCH、L.I.E.S周辺などなどのレーベルを教えて貰ったのがその時期。

もちろんその話題に上がってたのはMall Grabも同じで、彼の活躍はCYKクルーはもちろん、KAZUHOくんともずっと共有していた。

彼のDJはシカゴハウスのルーツがうかがえるロウなグルーヴが持ち味で、幾度も彼のDJに痺れてきました。今回はFrankie $とのB2Bということで相性もいい!楽しみです。

 

彼の作るトラックも最高

soundcloud.com

 

 

【baggiojt&Wack (Juke)】

f:id:kotsu0830:20171204203337j:plain

(baggiojt)

f:id:kotsu0830:20171204203325j:plain

(wack)

愛すべき後輩達。常日頃遊んでる彼らと同じパーティーに出るってすごい不思議なことな気がするなあ。とにかく彼らは吸収力が半端ない。クラブ遊びも一緒によくするようになったし、とにかく音楽やクラブカルチャー及び様々なカルチャーへの愛が素晴らしい。当日B2Bでどういったプレイをしてくれるのか期待したいです。

 

あと、彼らはjukeというオールジャンルパーティーをやっていて、今DJ関連のあらゆるスモールコミュニティが存在している中で割と一番若いのではないだろうか?そして彼らのパーティーに集まる人たちみんな刺激的で、面白いコミュニティ。そうそう、前述したAkashicやREMEDYもそうだけれど、CYKはそうしたスモールコミュニティの集合場所みたいな役割も持ちたいなと思っている。

 

各コミュニティとその周りのお客さんがミックスして、遊び場が増えていく。横軸がつながる。そして、大きなクラブに行くきっかけへとつながる。縦がつながる。平井君も言ってたけど、東京のエンターテインメント性の高さはまだまだ捨てたもんではない。(自惚れてもアカンが。)

 

ーーーーーーーー

 

ここまでざっと出演者紹介をしてきましたが、やはり共通するのは音楽とMALL GRABへの愛。愛があればいいパーティーになるんや!!!と信じています。

 

毎回文章を書くと最後の方だるくなってきちゃうのやめたい。

 

まあ、現場で確かめてください!!!!!!!!!

 

 

Mall Grab待望の初来日によせて

さて、随分とブログさぼっていましたが、これだけは。

個人的にかなり待望していた来日。Mall Grabやってきます。

f:id:kotsu0830:20171124202213p:plain

 

f:id:kotsu0830:20171124202504p:plain

Shall Not Fadeのレーベルナンバー001としてリリースされたALONEや、かなり歪んだトラックが印象的なAll Night Longのリリース、カナダはバンクーバーのレーベル1080pからElegyのリリース、モントリオールのレーベルCollect-callからFeel Uのリリースなど突如として現れた新星Mall Gabは、レコード屋のみならずYouTubeを中心に認知されていきます。

 

そこから現在に至るまで、急激にシーンの中にその名を轟かし、今や時代の寵児と言われるまでに。

f:id:kotsu0830:20171124202538j:plain

 

2016年になるとその勢いはますます加速し、先日CYKに出演したSeb Wildblood主宰レーベルChurchから、YouTubeを中心に人気を博した”Can't”(アリシアキースサンプリング。)含むSun Ra EPをリリース。

 

息をつく間も無くDJ HAUS主宰のUTTUから、SkeptaのThat's Not Meからのサンプリング曲が話題を呼んだMenace Ⅱ Societyをリリース。

 

f:id:kotsu0830:20171124202517j:plain



そして、以前渋谷WWWのアニバーサリーでのFNMNLチャート企画でピックさせて頂いた、Mall GrabのレーベルSteel City Dance Discsから自身の作品をドロップ。

 

ヴァイナルオンリーレーベル Hokkaido Dance ClubからLet U kno、UTTUのサブレーベルHot HausからI Just Wanna(こちらサンプリング元のヴァイナル無事確保w)、Damiano von erckertのレーベルナAVA.から共作のリリースと、一年に怒涛の6リリース。

 

f:id:kotsu0830:20171124202526j:plain



House Crimeからの衝撃作、2 be reel(寺田創一&横田信一郎も同じネタ使い)をドロップしたのが2016年?

 

そして、ファッションブランドでもありビデオエディットをローファイにこなすクリエイティブDJクルー”PELVIS”(大好き!!!)がドロップしたヴァイナルにも、DJ HAUSやDJ NOZAKIと並びリミックスワークを担当。

 

全て2016年のことですよ。そりゃ名前も聞くようになりますわ。

 

2017年ともなるとUKに移住したこともあり、ヨーロッパツアーがガンガン増える訳ですが、それでも止まらず、PELVISから新曲リリースや、Hot Hausからみんな大好きPool Party EPをリリース。Peggy GouがDJでかけたのが印象的だった並びに、日本人も至るシーンでかけてた(はず)。tofubeatsさんもチャートに載せてましたね。

僕もヴァイナルをNYで購入しました。

 

 

AVA.からもリリースも先日したばかりで、自身のレーベルSCDDも軌道に乗ってきつつあるMall Grab。

 

f:id:kotsu0830:20171124202546j:plain

 

Boiler RoomのDJはヴァイブス荒削りなDJで勢いを感じますが、あの動画とはまた進化したプレイが見れそうです。

Boiler Roomの映像はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=MWoPYICAbw4

 

1080pはレーベル自体依然リリースが無いようですが、Mall Grabがリリースするレーベルはどこも勢いがすごい。特にShall Not Fadeはレーベルのショーケースがいい感じだったみたい。

 

f:id:kotsu0830:20171124202601j:plain



彼のレーベルを見てる方は分かると思うのですが、クリエイティブも秀逸。

SCDDが送るRince.fmでのポッドキャスト祭りの際の(日本からJun KamodaさんとAVVさんが参加し話題となりました)ビジュアルイメージの90s Raveなテイストに心うたれたのを覚えています。

 

f:id:kotsu0830:20171124202554j:plain

f:id:kotsu0830:20171124203015p:plain

そして、今回SCDDから先日リリースしたJUN KAMODAさんのLIVEもあります。
Mister Saturday NightやBlack Acreからのリリースを遂げ、一気にダンスミュージック・シーンで名を轟かせた、、、、。

イルリメ - Wikipedia

↑(イルリメという名前で活動もしているJUNさん。しかし、最近のリリースに関しては全く触れられてない笑)

 

Mall Grab本人もJUNさんとの共演を希望していたので、実現できて嬉しい!

 

あ、あと、SCDDのジャケが全部プロデューサーの幼少期の写真。これ、Jason Dillのスケートブランド”Fucking Awesome”から着想を得たと推測しています。”Fucking Awesome”サンプリングのMall Grab Tシャツ作ってるくらいだしね。

 

スケートと言えば本人もスケボー上手くて、同時に服好き。LoeweだったりKenzoだったりGosha RubchinskiyだったりAliesだったりとアイコニックなTシャツをさらっと着てるイメージ笑

 

f:id:kotsu0830:20171124202605p:plain

MallGrabのTシャツ

 

f:id:kotsu0830:20171124204200p:plain

(SCDDから、JUN KAMODAのリリース。やはり子供時代のデザイン。)

soundcloud.com

 

 

 

彼は勿論、PelvisのTシャツも着ています。(おそろのTシャツ持ってる、、笑)

 

 

そんなキャッチーさが故、今を生きるユース(ユースって言葉嫌いだけど)のヒーローだったりするわけで。ハウスシーンサイドが、ストリートヘッズ達に送る最大の刺客であり、Gosha Rubchinskyからも読み取れる広義な90年代レイブカルチャーを継承するDJとしてかなり重要な一日。

 

そんな彼を、僕の所属するCYKでサポート出来ることは誠に嬉しいことであると同時に、このMall Grabへの愛が溢れるメンバーでやらなくてはいけないという勝手な使命感がありました。

 

現状のハウスシーンの良いところは勿論引き継ぎつつも、懐疑的な部分にはフラットに再考し手を打っていきたいと僭越ながら思う日々の中で、ハウスシーンにとどまらない支持を受ける彼の存在はヒーローなんです。

 

そして、あくまでも日本のシーンに還元されるよう、ラウンジのDJ達や僕らCYKのプレーも目を離さないで頂ければ幸いです。

 

f:id:kotsu0830:20171124203407j:plain

 

また、メインではJUN KAMODAのLIVEはもちろん、MAYURASHKA氏のDJも目が離せません。Boiler RoomでのDJが素敵でしたが、個人的にはあのButtechnoがGosha Rubchinskiyと共に来日した際のシークレットパーティーにて、buttechnoの使命によりDJしたというエピソードが残っています。

soundcloud.com

 

さあ待ちきれないMall Grab来日は2週間に迫りました。

 

当日はkenchan tokyoのブラウン管によるビデオアート的なものと、フラワーアーティストのコーイチが手がけるLOYARITY FLOWERSの装飾も入ります。

 

結構雑にまとめたBLOGになりましたが、是非楽しみにしておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

17 OCT GIGS

f:id:kotsu0830:20171004152706p:plain

 

 

10.1 Commune2nd@commune2nd

10.3 block.fm by HNH with CYK&REMEDY

:archive

block.fm

 

10/6 WWW & WWW X Anniversaries "Emotions" supported by EYESCREAM@WWW / WWW X / WWWβ

19-24

www-shibuya.jp

 

10/6 THE BLACK MADONNA JAPAN TOUR 2017 CIRCUS 2nd ANNIVERSARY WEEK DAY1

22-5 

1F Floor -CYK crew-

THE BLACK MADONNA JAPAN TOUR 2017

 

10/8 RAWTOKYO@RAWTOKYO

11-16

 

10/8 TRIPTYCH -HNHvsCYKvsREMEDY-@TRUMP TOKYO

21-5

 

10/14 GORILLA FIRE@OWATA CAMP SITE(山梨・大渡キャンプ場)

f:id:kotsu0830:20170926125100p:plain

 

10/18 UNTITLED @KOARA

f:id:kotsu0830:20171004153703p:plain

 

10/20 TBA@TBA That's special night

10/21 Kids Return@Saloon Toyko

f:id:kotsu0830:20171004154423j:plain

10/22TBA@TBA

 

 

 

 

 

 

 

 

Francis Inferno Orchestra来日

f:id:kotsu0830:20170917214339j:plain

9月20日水曜日にCIRCUS TOKYOへ、メルボルンの新星Francis Inferno orchestra(以下FIO)が来日します。CYKから、NariとKotsuもDJいたします!!アートワークもやらさせていただきました。

jp.residentadvisor.net

 

 

FIOは先日、RAのPodcastにてフィーチャーされたばかり。ベストタイミング!

 

jp.residentadvisor.net

 

ディスコとハウス、アシッド、その他様々なサウンドを行き来しながら、多様性を重要視する街で学んだJamesは、DJにおいては何でもありの姿勢をとっている。「1つのスタイルだけをプレイするDJがオーストラリアにはたくさんいる」と、彼は2012年にRAに語っていた。「そういうDJたちはあっという間に消えていくと思うよ。」

 

こちら引用ですが胸に刺さるなぁ。リアル。

 

彼はFantastic Manと運営するレーベル、Superconsciousの主宰としても知られています。音はもちろんドンズバで好きなんだけど、そのレーベルのアートワーク、個人的に大好きなんですよね。

f:id:kotsu0830:20170917212642j:plain

 

そうそう、このレーベル。勘がいい人はお気づきかもしれませんが、先日の雑誌STUDIO VOICE "VS"特集にて私が、NYはブルックリンのクルー”GROOVY GROOVY”の”Netlan a.k.a YOGIC”と対談した際にNetlanがフェイバリットレーベルに挙げていました。

 

STUDIO VOICE vol.410

STUDIO VOICE vol.410

 

 

ちょっと脱線しましたが、FIOは同郷にして時代の寵児”Mall Grab”とのB2BミックスがDekmantelのミックスからリリースされています。

soundcloud.com

 

そして、Boiler Roomのアーカイブが三つもあります。注目度の高さが伺えます。

 

こちらのBoiler Roomは立ち上がりがニューエイジアンビエント。徐々に立ち上がっていく立体世界。どの時間でも聞けちゃいます。

www.youtube.com

 

ディスコな立ち上がりから、途中のアシッドやエレクトロで脳天ぶち抜かれる。

エレクトロから自身の曲”Harmony”への着地も好み。

www.youtube.com

こちらはロンドンでのBR。

www.youtube.com

 

と、存分に彼のアーカイブを乗せたところで彼のプロフィールも載せておきます。

 

<BIO >
フランシス・インフェルノ・オーケストラ(以下FIO)は、オーストラリアが生んだ創造的な最も尊敬すべき才能である。
彼の織り成すサウンドは過去と未来を繋ぐ一歩踏み込んだハウス・サウンドであり、彼はFantastic Manと運営するレーベル、Superconsciousの主宰としても知られている。
オーストラリアのサウンドを越えて、その若さに溢れているレーベルは、既にアンダーグラウンド・シーンで注目されている。
FIOは、2010年以来、コンスタントにリリースを続け、クラシックなハウスとテクノを提示するDJセットは定評を得ており、オーストラリアのメルボルンにおけるアンダーグラウンド・ダンスシーンの重要人物に成長し、インターナショナルに活動の幅を広げシーンへの躍進を容易にした。
2014年には、FIOのデビューアルバム「A New Way of Living」がリリースされた。このユニークな若いアーティストがどれだけの才能を持っているかを証明した。2017年、 "Where Will You Be Spending Eternity?" リリース。「Harmony」と「Oasis&A Time」をはじめ、多くのリミックスが含まれた作品がヒットした。 

 

なんか、超雑にブログ書いちゃってるし好みすぎてなんだかよくわかんなくなってきた。早く当日来ないかな。自分もこの日のDJは気合入りまくりでやります。オープンでDJなのでオープンを超意識してやります。

 

そして、Andras Foxといい、Mall GrabといいFANTASTICMANといい、Tornado Wallaceといい、オーストラリアってなんでこんな魅力的なんだろう。

 

そういえば毎週仲良くなる外国人もほとんどオーストラリア人。その度、オーストラリア来た時泊まりたかったら連絡してこいよな!って言われるから、オーストラリアに宿がもう10箇所ある(笑)

ああ、オーストラリア行きたい〜〜〜!!!

 

9/20は是非仕事終わり学校終わりに来てくださいな!シンハービールで乾杯しましょう!ガパオ食堂も出店しますよ!